足場の手すりは墜落防止に不可欠

足場の手すりは墜落防止に不可欠

建設現場などでの作業者は、危険と隣り合わせの状態で働いているものである。一歩間違えたり、ちょっとしたことが大事故につながったりするのだ。事故を防止し、安全を確保するためには現場での足場と手すりの設置は不可欠である。建設業における死亡災害でもっとも多いのは高所からの墜落が40%を占めているというデータがある。足場に踏板や手すりといったものがしっかりと適切に設置していれば防げることだ。設置してあっても不完全な状態で不安定であれば、墜落などの可能性が高く、せっかく設置してあっても用を成さず意味がないことになるのだ。

 

今や建設現場など足場が必要な現場においては、「手すり先行工法等に関するガイドライン」が策定されていて、作業床に乗る前に適切な手すりを先行して設置し、解体時においても作業床を取り外すまで必ず残しておく工法で行うこととなっている。現場で作業員が安心感をもって、作業に従事できるように必要な措置といえるだろう。

 

足場や手すりなどは、食品や本などをネットショップで購入するような感覚で手軽に購入できるようになっている。ネット上には販売業者のホームページがたくさんあるので、それらをできるだけ多く閲覧して情報や価格などを比較検討するとよいだろう。実際に業者に出向いて購入するには時間を作らなくてはならないが、ネットであれば時間的な制約を受けずに、必要とする商品の情報を好きな時に確認できる。気になる点や不明点があれば電話をするなどして問い合わせればよい。